2012年FINAL

 

早いものでもう11月。4月に釣りが開幕してからもう半年も過ぎてしまったんですね。待望の新緑の季節から始まって、気がついたらもう紅葉の季節ですよ。朝晩もめっきり寒くなりました。早朝なんて息が白いんだからね。 寒さ嫌いでヘタレな釣り人を自認するわしとしては、もう限界。今回をもちまして、2012年FINALとさせていただきます。
さて…、肝心の釣果で有終の美を飾ることができたのか?

11月3日(土) 2012年FINALは南房総でイサキ


もう朝早く起きて早朝の船に乗るなんてとてもできませんから、昨年と同様午後船に乗ることにしました。午後船は楽ですね。朝もゆっくり寝ていられます。8時半に家を出て、一路南房総を目指します。館山道の途中にある「富楽里PA」で早めの昼食です。

 

今回も宇野さんのセルシオに乗車させてもらいました。高級車で釣りってとてもいい気分。いつも小さくて狭い車ばかりだから(^_^;)

売店で3人とも思い思いにソバとおにぎりと惣菜を買って昼食にします。

 

ここは朝から大層な賑わいです。野菜の直売とかコスモスの無料摘み取りなんてのをやっていました。駐車場も車でいっぱい。ここって観光スポットなんだね。

 

南房総の布良港に11時半に到着。早く着いてよかった。ギリギリ現着は焦ったりして精神的によくないからね。

 

午前船のお客を乗せて、とよ丸さんが戻ってきました。結構な人数を乗せてましたね。

それにしても今日はいい天気だ。空は快晴で風も波も穏やか。これだったら11月でも何度でも来られるんだけどねえ。いつもこうとは限らないのさ。

 

1時前に出船。釣り場は港を出て10分も走らないからすぐに釣りを始められるのがいい。

 

福本さんが一投目からイサキを確保した。幸先いいスタートです。

宇野さんはウマヅラハギを釣り上げる。ウマヅラは必ず一匹は釣れる外道だよね。でも食べてみて味は悪くないと思う。カワハギと同じように肝和えにしたらおいしかったから。

 

好釣な福本さんはイサキを連発。一時間足らずで早くもツ抜け。今日は爆釣の予感か?

宇野さん良型のメジナをゲット。かなりの引きだったそうです。沖のメジナだからねえ。結構手強いですよ。

なんか今日の宇野さんは「怪傑ハリマオ」に似てるな…。

 

出遅れていたボクにも待望の初釣果。なんせここまで一匹も釣れず。隣でパカパカ釣れてんのに、なぜボクだけ釣れないのか? 結構焦っていたとこです。悲願の第一匹目です。

良型イサキを確保する福本さん。今日は絶好釣だ。ここまで約一時間。快調に数を伸ばす福本さんと宇野さん。

 

ハリマオ宇野さんもイサキを好調に釣り上げていきます。

ボクはと言うと、たまに釣れたと思うとこんな外道だし。いや~、今日はなんでこんなに釣れないんでっしゃろ? 

 

少しだけ釣れた。一匹しか釣れないなんて惨状だけは避けられた。ダブルでもきた。

この時点で3時を回ったけど釣果は5匹。残りは約2時間弱。う~ん、厳しい。なんでか知らんが今日は厳しい。隣では釣れているんだから、ますます「???」だ。タナを変え、誘い方を変え、エサの大きさ付け方も変えたりと、この時は試行錯誤の連続でしたね。それでも釣れないんだから、結局は腕?

 

天気は相変わらず気持ちいい。若干のうねりはあったものの大したことなかったね。遠くの野島堤防もきれいに見えました。でも秋の夕暮れはつるべ落としというし、暮れるのは早いからね。あっという間に沖あがりの時間になってしまう。なんとか家族分だけでも釣らないとねえ。いや、マジで…。

 

キターーー! イサキのトリプルとダブル!!左の写真は分かりにくいけどトリプルです。
ここからです。本日の爆釣タイムが始まったのは…。

 

ハリマオ宇野さんはカワハギをゲット。ボクにも続いてイサキが釣れました。

 

イサキ連発。ハリマオ宇野さんはダブルです。

 

またまたトリプルにダブル。まさにこの時間は怒涛の入れ食いタイム。今までの不足分を一気に取り戻さんとばかりに、一荷を連発。ここで数が伸びましたねえ(^^)

 

ハリマオ宇野さんは高級魚のシマアジをゲット。これは嬉しい外道です。わしにも釣れたけど、さすが房総もここまで来ると、シマアジが釣れるんですねえ。ありがたいゲストです。

おお…。もう日が暮れる。ホントに秋の日没は早い。あっという間に夕暮れだ。

最後の追い込みにダブルを連発。もうこの時間はエサつけないで針だけでも食ってきていたから、凄まじかったよね。とにかく仕掛けを落とせば釣れるという…。3時までのあのポチンカタイムは一体なんだったんだ? あまりにも極端でしょ。全くわかりませんね。いわゆる夕まづめの時間だったからかしら?

 

日が没しました。撤収です。

 

陸上がり。みんなのクーラーボックスです。左がハリマオ宇野さん、真ん中が福本さん。2人とも「クーラー満タン早上がり」級の釣果。右がボク。今回は前半に相当な出遅れがあったけど、なんとか後半盛り返せてよかったです。ホント、最初は焦ったんだから(^^ゞ

 

布良港から見る夕暮れ。ずっと佇んでいたいような、静かないい港でした。

では昨年と同じように、休暇村館山で立ち寄り入浴していきましょう。ここは露天風呂もあって、とても気持ちいいお風呂があります。大人一人700円。土曜日だけど、随分宿泊のお客さんがいました。人気あるんだねえ。

 

ひとっ風呂浴びてさっぱりして、さて夕食だ。夕食も昨年と同じく、富浦インター近くにある「ばんごや」さんにしました。海鮮丼を食べていきましょうかね?

3人とも「スペシャル丼」の大盛りを注文。1,680円だったかな? もう腹減って腹減ってどうしようもなかったから、出てきたら何もしゃべらず、餓鬼のように黙々と食べておりました。これ、鮮度抜群でボリュームもあって、めっちゃうまいっす!!


釣行日 2012年11月3日(土) 場所 千葉県南房総市布良沖(船宿:とよ丸)
天気 晴れ 宇野さん メジナ 1匹(36センチ) 
シマアジ 1匹(24センチ)
イサキ 21匹(最大32センチ)
ウマヅラハギ 1匹(31センチ)
カワハギ 1匹(24センチ)
ムロアジ 11匹(最大30センチ)
中潮 福本さん イサキ 47匹(最大30センチ)
ムロアジ 6匹(サイズ不明) 
満足度 ★★★★★★★★★  ボク シマアジ 1匹(27センチ)
イサキ 31匹(18~26センチ) 

釣った魚は…


イサキの漬け丼に挑戦。ちょっと漬け汁が濃かったかな?漬け汁は、醤油4、酒2、みりん1に砂糖小さじ1杯が基準。
ちょっと濃い~味になってしまった。イサキの味自体はよかったから、もう一工夫が必要かな。

 

シマアジの刺身。うん、これはおいしい。さすがは高級魚。
 一匹しか釣れなかったから、じっくり味わいながら食べました。

吐く息が白くなってですね、寒くてですね、もう釣りどころではありません。
今年もこれにてFINALとさせていただきます。
また来年、再び緑が町や山に戻って来る頃、この釣行記も再開します。
今年もしょぼい釣果を懲りずにお読みいただき、ありがとうございました。